ブログ

2021/08/09

アルミサッシから樹脂サッシに交換!|四国中央市・新居浜市・観音寺市・三好市でリフォーム・リノベーションなら星川工務店

こんにちは!大西です。

今回はサッシ(窓)についてお話しします。

 

リフォームやリノベーション工事のご相談を受け、お家を見に行かせて頂いた時、

「アルミサッシ」が取り付けられているお家をよく目にします。

 

アルミは熱伝導率が高く、寒い時には外気の冷気と同じように冷え

暑い時には暑さをそのまま部屋に取り入れてしまいます。

「熱伝導率が高い」=「断熱性が低い」ということであり、

外気によって熱せられた(冷やされた)アルミサッシと

室内の温度差により、サッシに結露が生じることがよくあります。

↑画像は、アルミの筒に吹付断熱材のアクアフォームを詰め込んだものです。

こちらを冷やして、外に置いてみると

断熱材を詰め込んでいるにも関わらず、結露が発生しています。

 

このように、アルミは熱をよく通してしまうので

断熱性能をよくするうえで窓の交換は非常に大切です。

そこで、星川工務店にて窓交換工事を行わせて頂く際には、

樹脂サッシを使用しています

↑画像は「YKK APW 330」と呼ばれる樹脂サッシです。

熱伝導率がアルミと比べ約1000分の1である樹脂に加え、

複層ガラスであるため、断熱性が非常に高いサッシです。

↑画像は「エピソードNEO」と呼ばれるアルミ樹脂複合サッシです。

室外側の枠がアルミで室内側の枠が樹脂のサッシで、

APW330に匹敵する断熱性能があります。

 

アルミサッシから樹脂サッシへ交換することで、

断熱性の向上や結露を限りなく0にすることができます。

サッシの交換を行い、暑い・寒い・結露といったご住まいへの不満を少しでも解消し

より快適な住空間を生み出してみませんか?

リフォーム・リノベーション工事をお考えの方は

ぜひ星川工務店までお声がけください!

星川工務店

 

 

 

 

 

 

カテゴリー

アーカイブ