ブログ

2020/06/06

四国中央市土居町の古民家、大工さんとリノベーション現地調査。

増改築・リノベーション専門に工事している四国中央市の星川工務店の星川です。

今回は四国中央市は土居町にて古民家リノベーションの現地調査を行いました。

 

こちらのいい感じの平屋のお家。

ご主人様のそもそもの生家であり、今は物置、倉庫として使用されています。

 

 

リノベ専門担当の近藤大工さんと一緒にいざ現地調査。

間取りのプランニングに入る前に柱の移動が可能かどうか?小屋組の確認をしています。

 

 

お家は古いですが、立派な梁組がどどーんと構えられてます。

大栓で繋がれビクともしそうにもない木組み。

 

外部の獣避け(ケモノよけ)※一般的な正式名称かは不明です。が外れてなくなっており、今は猫やネズミも出入り自由・・・。

 

 

当然、床下も無断熱。土の部分もコンクリートで防湿してあげた方がいいかなと思います。

築50年の古民家をもう一世代、家として使えるように。

またできる限り今の高性能に近づけるべく、検討してご提案したいと思います。

アーカイブ